オフシーズンで楽しむ国内旅行

国内旅行は旅行会社のオフシーズンを狙う

日本国内旅行のシーズンは、4月から5月までのゴールデンウィーク、7月下旬から8月までのお盆期間、12月の年末年始などがあります。多くの人はこれらの期間を利用して国内旅行を楽しむことになりますが、旅行会社もこの期間中にパッケージツアーを提供、販売してくることが通例となっています。しかし、旅行会社にも閑散期と呼ばれる時期があり、ゴールデンウィークを過ぎた5月中旬から、7月上旬が該当します。7月18日までの海の日まで祝日がないために、旅行の申込者が少ないことが主な理由です。通常とは異なり利用者で混雑することもなく、その時期の料金も比較的割安となっていることから、この期間中に人気スポットへの旅行を快適に楽しむことができます。

オフシーズンの国内旅行におけるメリットと主な観光地

閑散期に国内旅行をするメリットとしては、パッケージツアー等による旅行利用者が少ないことの旅行のしやすさもありますが、旅行費用が割安になることです。オフシーズンの場合は観光客の入りがまばらになるため、結果として閑散期の料金が割安に設定することが多いためです。この期間中に適している観光地としては、北海道と京都があります。北海道は日本国内において、蒸し暑さを感じる梅雨の時期がないため、快適に旅行ができます。富良野市にあるラベンダー畑が見頃となっている他、夕張メロンなどの名産品を低価格で楽しめるメリットもあります。年間を通じ、名所を中心として賑わう京都も、閑散期では混雑を避けてゆっくり見物ができ、ツツジやアジサイなどの花々を楽しめるメリットを感じられます。