節約できる!国内航空券の早割

簡単に活用できる早割を使おう

国内航空券を買うときには各航空会社が提供している割引運賃について知っておくことが大切です。簡単に活用できる割引運賃としてよく着目されているものに早割があります。早割は搭乗日よりも一定日数以上前に予約と購入を終えた場合に、普通運賃から割引した価格が適用されるというのが特徴です。航空会社によって日数や割引率に関する規定は違いますが、75日前までといったかなり早めのものから14日前といった比較的搭乗日が近づいてからのものもあります。割引率も早めのものなら半額以下になることが多く、航空券代を節約する上では簡便で有用でしょう。航空会社によっては提供していない場合もあるので、確認した上で航空会社を選ぶことが必要です。

早割を使うときの注意点とは

早割を利用するときには二つの注意点があります。一つ目は販売枚数が決まっていることです。60日前までの航空券であっても80日前に既に売り切れてしまっていることがあります。繁忙期だと考えられるときには早めに購入することが大切です。ただし、45日前までなどの航空券が残っていれば早めに購入することはできます。二つ目は予約から購入までの期間が短く、購入してしまうとキャンセルや予約変更ができないのが原則となっている点です。早めに予約して確定して動かさないという条件で安くしてもらえるサービスになっています。キャンセルして払い戻しができる場合でも手数料は取られるようになっているのが一般的です。旅程が確定してから利用する必要があります。